公演・イベント情報 公演・イベント一覧へ

2023年3月25日(土) 主催公演

京ことばで聞く
源氏物語 ー第五帖「若紫」ー

京ことばで聞く
源氏物語 ー第五帖「若紫」ー

美しい京ことばで味わう『源氏物語』。
光源氏の君が紫の上を見初める「若紫」の名シーンをお届けします。

詳しい解説つきで、古典に馴染みがない方にもお楽しみいただけます。

 

女房語り:山下智子
訳:中井和子
(『現代京ことば訳 源氏物語』大修館書店刊)

チケット発売中

  • 公演概要
  • チケット情報
  • 出演者プロフィール
  • 「若紫」あらすじ
  • 公演概要

    公演日2023年3月25日(土)
    時間

    開場 14:30 / 開演 15:00

    料金

    【全席指定・税込】

    前売 2,000円/当日 2,500円

     

    ※未就学児童入場不可。

    ※車いす席をご希望の方は会館までお申し込みください。

    会場ひの煉瓦ホール(小ホール)
    主催日野市民会館(指定管理者:株式会社ケイミックスパブリックビジネス)
  • チケット情報

    チケット発売日

    2023年1月21日(土)10:00~

    ※初日は電話予約のみ。

    料金

    【全席指定・税込】

    前売 2,000円/当日 2,500円

     

    ※未就学児童入場不可。

    ※車いす席をご希望の方は会館までお申し込みください。

    チケット取り扱い

    日野市民会館 ‥‥‥‥‥‥‥TEL:042-585-2011

     電話予約から1週間以内に会館窓口にてお支払い・お受け取り。

     あるいは代金引換郵送可(手数料600円)

    チケットぴあ[Pコード:517-352]

    オンラインチケットサービス(1/22(日)より販売開始)

     別途支払い手数料がかかります(コンビニ決済:275円/枚、カード決済:264円/枚)

  • 出演者プロフィール

    女房語り:山下智子
    女房語り:山下智子

    京都市生まれ。

    仲代達矢主宰 無名塾に入塾、6年間活動後移籍。

    舞台、TVにて活動。

    2003年NHKBS海外ドラマの吹き替え、ラジオドラマなどで、一時休止していた活動を再開する。

    2004年より NHKラジオ第一放送の「歌謡ドラマ」に6年間レギュラー出演、脚本も提供。

    BSJapamはじめ映像番組やドキュメンタリーのナレーション。

    カシオ電子辞書古典朗読、大修館書店古典教科書CD、i podピクセラサウンドブック等での朗読。詩の朗読とダンスとのコラボレーション。

    宮沢賢治、内田百閒など小説の朗読会。

    京音調での蕪村俳句の朗読。

    創作文楽と語りのコラボレーション。

    雅楽演奏と京音調源氏物語、枕草子朗読など古典朗読。

    文楽人形芝居での浄瑠璃に代わる一人語り。

     

    ライフワークとして、京ことば訳源氏物語」の女房語りを通し、失われゆく美しい京ことば、やまとの心を後世に伝えるべく源氏物語全五四帖の連続語り会をはじめ各地で語りの会を開く。

    2012年には、ワルシャワ大学日本学科(ポーランド)、パリ(フランス)、ベルン日本大使館(スイス)で、2014年には2月にパリ日本文化会館、イナルコ大学、6月スイス・リヒテンシュタイン六都市で語り会を開催。

    雅楽、琴、和編鐘などの楽器との共演による源氏物語では、古典作品の表現に新たな可能性を見いだしている。

    紫苑語り会主催の全五四帖連続語り会は、東京世田谷区のアトリエ、京都の各地で継続中。

    大阪西区、東京亀有、京都亀岡でも五四帖連続語り会に出演。

  • 「若紫」あらすじ

    十八歳の春、加持を受けるため北山の聖の僧坊を訪ねた源氏の君は、父帝の最愛の妃で恋い慕う藤壺の宮に俤をかさねる若草のような少女を発見します。この少女が藤壺の宮の姪であることを聞き、藤の紫のゆかりと、母を亡くしたこの姫の後見をしたいと病の祖母尼君に申し出ますが断られ、都に戻ります。

     

    夏、源氏は藤壺の宮が里下がりをしていると聞き、矢も楯もたまらず宮の侍女王命婦に手引きさせ、無理矢理な逢瀬を果たします。この密通の結果宮は懐妊、何も知らない帝は喜びにご寵愛もいや増し、二人は大罪を畏れます。

     

    初冬、都に戻っていた尼君が亡くなり、源氏は若草の姫が実父兵部卿の宮に引き取られると聞くや、車を仕立てこっそりと姫を自邸二条院に引き取ります。ここでこの姫を自身の理想の女君に育てようと世話をし、姫も君を父のように慕うのでした――。

     

お問い合わせ

ひの煉瓦ホール(日野市民会館)

TEL:042-585-2011

備考

【新型コロナウイルス感染拡大防止対策について】

●当会館内ではマスクの着用をお願いいたします。来場時には手指の消毒、こまめな手洗いのご協力をお願いいたします。

●ご自宅を出られる前に検温をお願いいたします。37.5度以上ある方や体調がすぐれない場合はご来館をお控えください。会場入場時にも非接触型体温計で検温をいたします。37.5度以上ある方はご入場いただけません。

●新型コロナウイルス感染拡大防止のため、保健所や公的機関の要請によりお客様の情報を提供する場合があります。あらかじめご了承のうえお申込みください。

●今後の感染拡大状況により、急遽イベントが中止になる場合がございます。

ひの煉瓦ホール(日野市民会館)

 〒191-0016 
東京都日野市神明1-12-1
交通アクセス
 TEL.042-585-2011 
FAX.042-587-7577

七生公会堂・七生福祉センター

 〒191-0032 
東京都日野市三沢3-50-1
交通アクセス
 TEL.042-593-2911 
FAX.042-593-2917

お問い合わせ